費用の目安

芝を刈る人

費用の目安ですが、伐採は1本からでも承っている業者を探し、樹木1本の太さと高さに対して、リスク係数などの基準をかけて概算します。
業者によっては、基本料金などのパック料金が設けられている場合もありますので、事前にしっかりと確認します。
しかし重機や処分が必要なケースの場合には別途費用がかかることがありますので、ご注意ください。
草刈りを依頼される場合、まずはお電話などで簡単に相談しますがそこでは、おおよその庭の広さと草の背丈を伝えます。
例えば腰あたりまでの高さとか、胸あたりまでという簡単なものです。
そして実際に調査に伺います。
そこで見積もりを提示され、費用や内容に納得がいく草刈りプランを話し合って、契約をむすびます。
作業が甲斐市されますが、草刈りのプロフェッショナルが行います。
終了後、お客様に確認していただいて、料金お支払いが完了すれば終わりです。

伐採草刈り費用

農家

春から夏にかけて、植物はぐんぐん育ちます。
何年も前に植えた樹木が、手に負えないほど大きく成長したり、一人では採りきれないほどの雑草がはえてしまった場合、専門の業者に伐採や草刈りを依頼することをオススメします。
そこで、業者を選ぶ上でのポイントや失敗しない選び方についてご紹介していきます。
まず伐採とは、樹木を地面間際まで切断することをいいます。
伐根とは根っこを土の中から掘り出すことをさし、引き抜きとは伐採と伐根のことをいいます。
一口に伐採といっても、お客様のお庭のケースによっても方法や費用がかわってきます。

自分では難しい場合は

マシン

草刈りや伐採はしたいが、体力や時間がなくて困ってしまう場合もあるでしょう。
そんなときはいくつか方法があります。
ひとつは造園業者に依頼する方法です。
費用は少し高くつきますが、とても正確に美しく仕上げてくれますし、ゴミの処分もやってくれます。
樹木の枝の伐採は、切りすぎると木を枯らす原因にもなるので、自信がないときは専門家に依頼するのが安心です。
できるだけ費用は抑えたい場合は、地元のボランティアを探してみましょう。
定年退職した中高年の方や若者がボランティアとして自治体に登録していることがあります。
そうした方がうまく見つかれば、費用はタダです。

草刈りはお早めに

モーター

夏を迎えると、草木や枝が大きく育つので手入れをする必要があります。
草が茂ってからあわてないためには、早めに対処しておくことが重要です。
できれば春先に除草剤を使っておくと作業がだいぶ楽になるのですが、それができなかった場合はできるだけ早めに草刈りや樹木の枝の伐採に取りかかりましょう。
草刈りや伐採にかかる費用を前もって検討しておくことをおすすめします。
道具をそろえるところから始める場合、費用の予算としては一人分で数千円は用意し、最低限、刃物と軍手はそろえてください。
夏場の作業なら帽子や日焼け止め、飲料水も人数分必要です。
電動の刃物を買うと作業はとても楽になりますが、一年に何回草刈りや伐採をするのか、作業者の体力はどれくらいか、このあたりをふまえて費用を決めてください。

サイト内検索
オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930